バッテリー持ち時間計算法

以下の計算式でバッテリーの稼働時間を算出することができます。

バッテリー電池容量(Wh)÷接続機器の消費電力(W)=稼働時間(h)

 

接続機器を一般的なノートPC(30W)で想定した場合の稼働時間

【電池容量:120Whの例】

電池容量(120Wh)÷消費電力(30W)=稼働時間(約4時間)

 

【電池容量:300Whの例】

電池容量(300Wh)÷消費電力(30W)=稼働時間(約10時間)

 

【電池容量:450Whの例】

電池容量(450Wh)÷消費電力(30W)=稼働時間(約15時間)

 

* 上記は簡単な計算法です。あくまで目安としてお考えください。
 実際の製品は、ロス分を含んだ実効電池容量を元に計算して稼働時間を求めます。

  • お問い合わせはこちら
  • リチウムイオン電池の話
  • バッテリー用語集
  • バッテリー持ち時間計算法
このページの最上部へ